オリジナルうちわコレクション

マークエステル

マーク・アントワーヌ・スキャル シャフィキ
  マークエステル、本名マーク・アントワーヌ・スキャルシャフィキ。彼は800年続く名門の出身である。スキャルシャフィキ家の起源は祖先がドイツからイタリアのジェノバに移り住んだ12世紀の初頭にさかのぼる。同世紀半ばにローマ法皇から貴族に列せられた。
  マークエステルは1943年2月26日、パリに生まれる。 1945年、両親が「バナヌレイホテル」を開業した南フランス、エズ・ボード・ドゥ・メールに家族と移り住み、1951年に「ル・カップエステルホテル」が新しく開かれてからは一家で同ホテルに居住した。カップエステルとは「星の岬」の意味。ホテルはニースとモンテカルロの中間、紺碧の地中海に面したコート・ダジュールの海辺に突き出た岬の断崖に建つ。壮大で絵のように美しい周辺の景観がマークエステルの芸術に寄せる強い憧憬にインスピレーションをあたえる源泉となったに違いない。
  彼は誠実を重んじると同時に大らかで自由な家風の中で育った。また、このホテルに滞在する客は世界中のそうそうたる名士が多く、家族的なホテル内で自然に客たちと親しく交わる特異な雰囲気の中で育った。米国大統領だったケネディ家の人々、フランス大統領ポンピドー一家、ポール・ヘンリー・スパーク、映画俳優ではローレンス・オリビエ卿、デビッド・ニーブン、チャーリー・チャップリン、グレタ・ガルボ、アンソニー・クイン、アラン・ドロン、ジーナ・口ロブリジッダ、ベガム、更にモナコの故グレース王妃といった特別の人々もマークエステルにとっては青春時代のごく親しい存在であった。近くに住んでいた世界的画家マルク・シャガールとも個人的な知遇を得る。このような特殊な経験がマークエステルの将来の人生展望に大きな影響をあたえたことは間違いない。

文部科学省にて、下村文部大臣より、平成26年度文化関係者文部大臣表彰を受賞

伊勢神宮奉納

文部科学省にて、下村文部大臣より、平成26年度文化関係者文部大臣表彰を受賞いたしました。
来日して44年、日本の精神文化を日本国内をはじめ、世界にむけて広める活動をしてまいりました。
また、日本全国の神社123社に絵画を奉納し、大自然や人々を大切に守ってきた神様に捧げて参りました。
これからは、アジアの精神文化の向上に精進していきます。

マークエステル 日本神話展 九州国立博物館

マークエステルのインタビュー

マークエステルと著名人

グレイス王妃
グレイス王妃
マルクシャガール
マルクシャガール
故 岡本太郎氏
故 岡本太郎氏
安部晋太郎氏 岸信介氏 佐藤栄作氏
安部晋太郎氏 岸信介氏 佐藤栄作氏

マークエステルのアトリエ

  • アトリエ
  • アトリエ
  • アトリエ

経歴

  • 1943年
    フランス・パリに生まれる(2月26日)。
  • 1950年
    両親がコート・ダジュールのエズに「カップエステルホテル」を創立。壮大な庭園とそれに続く深い紺碧の地中海が混ざり合う独特な雰囲気は、彼の芸術にインスピレーションを与える密かな源泉であり、将来芸術家になる導きとなる。
  • 1960年
    パリ・ボザール美術学校で建築学を学ぶ。
    パリ・カモンド美術館で装飾美術を学ぶ。
    パリ大学経済学部にて経済学学士号取得(1960~1968)。
    国立東洋語学校にて中国語とロシア語の学士号取得(1961~1968)。
  • 1968年
    ラオス・フランス大使館勤務、ラオス教員養成所にてフランス語と経済学を教える。
  • 1969年
    パリに戻り、モーリス・シューマン外務大臣の秘書となる。
  • 1970年
    大阪万国博に訪れ、京都清水寺で和紙に描かれた水墨画の滲み技法に魅せられ、外交官としての将来を中断し芸術の道に入る。カンバスに油絵で滲みの効果を出そうと決意する。
  • 1974年
    油彩にテンペラ画の持つ透明性と流動性を持たせる独自の技法を極め、東洋画と西洋画を融合させた独自の技法を確立させる。
  • 1977年
    シルク生地によるセリグラフを制作、ピエール・カルダン、ピエール・バルマン等がオートクチュールで使用し、ヴォーグ誌で特集される。
  • 1979年
    ウッドストック(アメリカ、ニューヨーク州)にアトリエを開く。
  • 1982年
    東急渋谷本店にて「マークエステル夢の世界展」開催。
    サンフランシスコのギャラリー・ワンにて個展。
    「たち吉」主催の「たちばな展」に陶器と漆を制作し個展。(東京、大阪、京都)
  • 1983年
    奈良・近鉄ギャラリーにて「マークエステルの世界展」開催。
  • 1984年
    静岡・センターギャラリーにて絵画と陶器の個展。
  • 1985年
    作品集「永遠の愛」出版(京都書院・全353貢)
    イタリア・シエナにて「絵画とシルク服セリグラフィー」の個展。
    神戸・海文堂ギャラリーにて個展。
  • 1986年
    京都新聞社主催による企画展。
    フランス・パリのギャラリー・プラスボーヴォにて個展。
  • 1987年
    ドイツ・ミュンヘンのギャラリー・ベノウにて個展。
    アメリカ・サンフランシスコのギャラリー・サークルにて個展。
    アフリカ・トーゴのロメにあるホームレスの子供達のための学校「アペル」創設の援助を始める。
  • 1988年
    松江にて個展。
    アメリカ・サンフランシスコ、ニューヨークのギャラリー・マグナにて個展。
  • 1989年
    アメリカ・アトランティックシティー、デンバー、サンフランシスコのギャラリー・サークルて個展。
    「芸術とビル」と題し、初めて銀座ソニービル全体を使って企画された「マークエステル展」を開催。
    大阪・阪急ファイブで、フランス革命200年を記念して「マークエステル展」を開催。
    東京・渋谷東急文化村のオープニング記念として「マークエステル展」を開催。
    アメリカ・ピッツバーグ、サンディエゴのギャラリー・サークルにて個展。
    サロン・ドートンヌ正会員になる。
  • 1990年
    香港にアトリエを移す。
    ニューヨークに新たにアトリエを開く。
    フランス・パリのギャラリー・プラスボーヴォにて個展。
    東京アートエキスポにて個展。
    アメリカ・ニューヨークのギャラリー・ジャックにて個展。
    作品集「自然と愛」出版(京都書院・全360貢)。
  • 1991年
    デザイナー、バベット・アキノと芦屋のギャラリー・ディ・レイにてドレス展。
    東京・日本橋高島屋にて「色彩の詩人・マークエステル展」開催。
  • 1992年
    福岡・岩田屋にて個展。
    香港、メンバーズクラブにて個展。
    横浜そごうにて帯の個展。
    三菱レーヨン株式会社から「マークエステルレーヨンクロスコレクション」を発表。
  • 1993年
    福島県猪苗代のホテルリステル猪苗代のオープンに伴い、ロビーに大作「白鳥の家族の遊び」(3×1.8m)他、全館、全室(381室)に作品が飾られる。
  • 1994年
    京都文化博物館にて京都の建都1200年記念展に屏風画「伊邪那岐、伊邪那美、日本の誕生」(172cmⅹ400cm)を展示。
    フランス・アンジェのサロン・ド・アンジェでインドネシアを描いた作品「ロンダと三人の女神」(1.95×1.3m)を展示。
    香港アートエキスポに出展。
  • 1995年
    京都大丸にて個展。
    姫路市、富士市の文化センターにて個展。
    甲府市にて故岡本太郎氏と展覧会。
    名古屋三越にて個展。
    中国・常州市にて掛け軸の制作。
  • 1996年
    宮崎と沖縄のガーデンミュージアム宇(そら)にて個展。
    大阪・大丸心斎橋店にて個展。
    サロン・ドートンヌのアジア代表に就任。
    「お伊勢さん2000年」を記念して目本の神話を主題に大展覧会(伊勢市)。ブロンズ像「天照大御神」を伊勢神宮に奉納する。(神社への作品奉納の始まり)
  • 1997年
    フランス、ルマン美術館織物展に出展。
    マレーシア・クアラルンプールにて「マークエステル夢の世界展」開催。
    韓国・ソウルのギャラリー・ジンアートにて個展。
  • 1998年
    山形県、出羽三山神社へ油彩画「愛の光、五重塔」を奉納。
    高松三越にて個展。
    モナコのメゾン・ド・ラメリックラティーヌにて個展。売上金をアフリカ・ナイジェリアヘ寄付する。
  • 1999年
    パリ、ギャラリー・オペラにて個展。
    東京・新宿三越にて個展。
    月刊「りぶる」の表紙を24ケ月続けて飾る。
    山形にて「マークエステルとフランス作家展」開催。
  • 2000年
    南アフリカ、ヨハネスブルグのギャラリー・アートナウにて個展。
    ニューヨーク、ギャラリー・オペラにて個展。
  • 2001年
    シンガポール、ギャラリー・オペラにて個展。
    犬鳴山の犬鳴不動に40枚の絵を奉納する。
  • 2002年
    茨城・鹿島市にて個展。鹿島神宮に油彩画「神倭伊波礼比古は神武天皇となられた」を奉納。
  • 2003年
    高千穂神社、鵜戸神官、宮崎神宮(以上宮崎県)、出雲大社、八重垣神社(以上島根県)に絵画を奉納する。
  • 2004年
    トーゴ、ロメにマークエステル教育財団を設立。
    青島神社(宮崎県)、湯泉神社(兵庫県)に絵画を奉納する。
  • 2005年
    宮崎にて「マークエステル神話の世界展」開催。
    フランス、サルブール美術館にてシャガール、ピカソ、マックス・エルンストらの作品と共に展示される。
    宗像大社(福岡県)、諏訪大社(長野県)、荒立神社(宮崎県)に絵画を奉納する。
  • 2006年
    画集「日本神話by Marcestel」(約200点の作品を掲載)を出版。
    中国、上海アートエキスポに参加。
    都萬神社(宮崎県)、大宰府天満宮(福岡県)、伊弉諾神宮(兵庫県)に絵画を奉納する。
    明治神宮に画集「日本神話by Marcestel]を奉納。
    フランス、サロン・ドートンヌ、サロン・ド・コンパレゾンに出品。
  • 2007年
    中国、上海アートエキスポに参加。
    熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社(以上和歌山県)、三輪明神大神神社(奈良県)に絵画を奉納する。
    中国、北京の坦博美術館に、中国神話をテーマにした作品など約300点(油彩画約150点、陶磁器類約150点)が収蔵され、常設展示スペースがオープン。
    神道文化会より、日本の文化発展と国際社会に神道文化を普及した功績を評価され「文化奨励賞」を授与される。
  • 2008年
    上野の森美術館(東京)にて「日本神話 by Marcestel」展を開催。
    中国・北京の坦博藝苑美術財団の依頼によって制作した、北京オリンピック開催記念大作「吉祥中国(Lucky China)」が、同オリンピック記念公式テレフォンンカードに採用される(China Netcom発行)。
    「2008オリンピック芸術会議」に参加(国際オリンピック委員会、中国文化庁、坦博美術館による共同開催)
    橿原神宮、天河大辨財天社(以上奈良県)、三島大社(静岡県)、鹿児島神宮、霧島神宮(以上鹿児島県)、竈山神社(和歌山県)、津島神社(愛知県)、阿蘇神社(熊本県)、香取神宮(千葉県)に作品奉納。
  • 2009年
    「Chinese Top10 Artist’ Works」美術展に参加し、北京、天津、山東、広東を巡回。
    フランスのラティフ美術館に展示。
    波上宮・波上宮(沖縄県)、石清水八幡宮(京都府)、幣立神宮(熊本県)、赤坂氷川神社、神田神 社、明治神宮(以上、東京都)、熱田神宮(愛知県)に絵画を奉納する。
  • 2010年
    人民美術出版社から「中国現代美術家作品集、Marcestel巻」が出版される。
    北京オリンピック開催2周年を記念し、国立競技場(鳥の巣)で開催された第1回「永遠の夢、栄光の芸術-オリンピック芸術展」に大作「吉祥中国」が展示される。
    中国、上海市より「1919文化村」にアトリエを10年契約で提供される。
    上海万博での「Sky and Art」において、アートディレクターに選出される。
    多賀大社(滋賀県)、日枝神社(東京都)、和霊神社、大山祇神社(以上、愛媛県)、北海道神宮(北海道)、金刀比羅宮(香川県)、春日大社(奈良県)、青麻神社(宮城県)、住吉大社(大阪府)、賀茂御祖神社(京都府)に絵画を奉納する。
  • 2011年
    北京オリンピック開催3周年を記念して、ウォーターキューブ(北京オリンピック水泳会場)で開催された「第1回国際書道・絵画展覧会」に参加し、銅メダルを受賞。
    中国当局より、オリンピック美術のための芸術運営理事会の理事に任命される(2012ロンドンオリンピック)。
    愛媛県松山市のミウラアート・ヴィレッジにて「色彩の魔術師・マークエステル展」を開催。
    普天満宮(沖縄県)、住吉神社(山口県)、松尾大社、賀茂別雷神社、籠神社(以上、京都府)、富士山本宮浅間大社、静岡浅間神社社(以上、静岡県)、筥崎宮 (福岡県)、生田神社、射楯兵主神社、長田神社 (以上、兵庫県)、伊豫豆比古命神社、愛媛縣護国神社 ( 以上、愛媛県)、高良大社 (福岡県)、宇佐神宮(大分県)、大阪天満宮(大阪府)、平泉寺白山神社(福井県)、白山比咩神社(石川県)、都農神社、天岩戸神社(以上、宮崎県)、和多都美神社 、海神神社(以上、長崎県)、田村神社(香川県)に絵画を奉納する。
  • 2012年
    月読神社、天手長男神社、国片主神社、鎮西大社諏訪神社、金屋神社 (以上、長崎県)、與止日女神社 (佐賀県)、小樽住吉神社、彌彦神社(以上、北海道)、鏡神社(佐賀県)、平濱八幡宮 武内神社 (島根県)、長滝白山神社(岐阜県 )、吉備津神社、吉備津彦神社(以上、岡山県)、駒形神社(岩手県)、 照国神社、新田神社(以上、鹿児島県)、石鎚神社、伊曽乃神社 (以上、愛媛県)、大御神社、下野八幡大神社 (以上、宮崎県)、日御碕神社(島根県)、伊和神社 (兵庫県)、赤間神宮 (山口県)、覩上神社 (長崎県)、岩木山神社 (青森県)、志賀海神社 (福岡県)に絵画作品などを奉納する。

© 2014 MARC ANTOINE SQUARCIAFICHI CORPORATION ALL RIGHT RESERVED